2008年05月17日

雁屋哲 ブログ

雁屋哲 ブログ
原作者の雁屋哲さんは同日付の自身のブログに「私 ... 友達の結婚式で、最後に教会の外に出てライスシャワーの演出があったのだけれど、新婦さんの友達らしき人たちが、どでかいクラッカーを5本ほどそれぞれ手に持って待ち構えていた。 ...(続きを読む) ...(続きを読む)

雁屋哲 プログ
原作者の雁屋哲先生は某放送局のインタビューで 「100巻で美味しんぼは終わるつもりだったが描きたい事が多く続いている。(和解を) 描く時が来るまで長かった(意訳)」 と語り、ご自身のブログでも 「私にとって特別な日。25年、 ...(続きを読む)(続きを読む)

雁屋哲 blog
原作者の雁屋哲さんは同日付の自身のブログに「私にとって特別な日。25年、自分でもよく書いたと思う。一区切りをつけると言っても『美味しんぼ』は終わりません」と記しています。山岡は東西新聞の記者で、企画「究極のメニュー」を担当。 ...(続きを読む)


posted by so-udetate at 23:45| 日記