2008年04月05日

赤ちゃん くる病

くる病
ウィキペディアによると、くる病(−びょう)とは、乳幼児の骨格異常。主な症状として脊椎や四肢骨の湾曲や変形がおこる。原因として、ビタミンDの代謝障害により、カルシウム、リンの吸収が進まないことによる骨の石灰沈着障害がもっとも知られる。 ...(続きを読む)

ビタミンD欠乏症
2008/03/31-18:26 妊婦や赤ちゃん、日光浴を=2割にビタミンD欠乏症−4、5月生まれに多く・京大時事通信正常な新生児の約2割で、くる病などの骨の変形や低カルシウム血症によるけいれんの原因となるビタミンD欠乏症の可能性があることが、京都大 ...(続きを読む)


posted by so-udetate at 17:19| 日記